杜仲茶でダイエット【効果と効能まとめ】

杜仲茶 カフェイン:なし

杜仲(とちゅう)とは、中国原産の落葉高木のこと。中国では漢方薬の原料として長い間愛されてきました。日本でもよく杜仲茶ブームになっていましたよね?人気の裏側にはきちんとした効果や効能があるんですよ。ダイエットにもオススメの成分もたっぷり入っています。渋みのある独特の風味が特徴ですよ。

杜仲茶の効能と有効成分

1 コレステロールの吸収を抑える

有効成分:ゲニポシド酸
杜仲茶に含まれるゲニポシド酸にはコレステロールの吸収を抑える効果があります。杜仲茶を飲む際は食事の前と、食事中が効果的。ゲニポシド酸が余分なコレステロールの吸収をブロックしてくれますよ。

2 便秘の解消

有効成分:ゲニポシド酸
有効成分であるゲニポシド酸が腸を刺激して、ぜん動運動を活発にしてくれます。慢性的な便秘で悩んでいる人も、杜仲茶を飲んだらスッキリ出た、というお話も聞かれますよ。

3 血圧を下げる

有効成分:フラボノイド、ゲニポシド酸
体内に吸収されると、副交感神経に作用して、血液の流れの抵抗を減らします。そのため、血圧が下がる効果が期待できるんです。

杜仲茶のゲニポシド酸はダイエットや健康維持などにとても効果を発揮する、素晴らしい成分です。杜仲茶、飲まなきゃソンですよね!ちなみに、杜仲茶ダイエットで成功した人は、効果は緩やかみたいですが、少しずつ体重減少につながっているようですよ。

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報