紫蘇茶っておいしいの?効能は?

紫蘇といえば、あの独特の風味で有名な葉です。ちょっと好き嫌いがはっきり分かれる傾向もあり、苦手な人は香りだけでも無理ということも多いようです。ただこの紫蘇から作られた紫蘇茶はこの植物が備えている優れた効能を手軽に取り入れることができる手段として魅力です。

紫蘇茶のダイエット効果

紫蘇の効能といえば、もっともよく知られているのが花粉症をはじめとしたアレルギー症状を緩和する効果です。これは紫蘇に含まれているロズマリン酸と呼ばれるポリフェノールの一種に備わっている成分で、アレルギー症状の際に過剰に反応する免疫機能を抑制する働きがあるのです。

それからポリフェノールといえば抗酸化作用です。ロズマリン酸のほかにもルテオリンなどのポリフェノールが豊富に含まれているため、活性酸素による老化を防ぎ、若々しい体作りに役立ってくれます。血行不良から内臓脂肪の蓄積まで、体の老化が引き金になって生活習慣病の引き金を作ってしまうことも多いだけに、美容はもちろん健康な体作りにも非常に有効です。

さらにロズマリン酸は優れたダイエット効果もあります。この成分には食事で摂取した糖分がブドウ糖に変換されるのを防ぐ働きがあるのです。

人間の体は摂取した糖分をブドウ糖の形で吸収する仕組みとなっているため、ブドウ糖に変化さえしなければ糖分を摂取しても吸収されないわけです。簡単言えば太りにくい体質にすることができます。糖分は脂肪が増える原因となりますから、ダイエットのもっとも基本の部分に効能を発揮してくれることになります。

生活習慣病への効能では、αリノレン酸の存在も重要です。血栓が出来るのを防ぎ血圧を安定させることで、高血圧の予防・改善に役立ちます。

このように優れた効能があるわけですが、気になるのはその風味でしょう。どうしても紫蘇独特の強い風味や香りが苦手という方は、赤紫蘇ではなく青紫蘇から作られた紫蘇茶を飲んでみてはいかがでしょうか。さっぱりした風味で飲みやすいはずです。市販の製品なら赤紫蘇茶でも飲みやすいものが多いので、探してみるにもよいかもしれません。

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報