サラシア茶でダイエット【効果効能は?】

サラシア茶 カフェイン:なし

サラシアとは、インドやスリランカで自生し、昔から美容や健康に効果があると伝えられてきた植物です。インドの伝統医学、アーユルヴェーダでも使用されています。それだけ貴重な成分を持っている植物なんですね。スリランカでは、糖尿病予防に期待できるとして、古くから薬として愛されてきました。お茶を抽出すると、赤い色をしているのが特徴です。

サラシア茶の効能と有効成分

1 糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇を防ぐ

有効成分:サラシノール、コタラノール
体内に糖分が入ると、α-グルコシダーゼという成分が働いて、吸収します。サラシノールとコタラノールはその吸収をブロックするため糖質の吸収を抑えることができるのです。余分な糖を体脂肪として蓄えなくてすみますね。

2 脂肪分解促進

有効成分:サラシノール、コタラノール
腸の中で脂肪は吸収されるのですが、サラシノールとコタラノールは脂肪の吸収を抑えて、さらに、たまった体脂肪を分解してくれる力を持っています。

3 アンチエイジング効果

有効成分:ポリフェノール
サラシアの魅力である赤い色の色素成分にポリフェノールがたっぷり詰まっています。ポリフェノールは抗酸化力が強く、老化やシワ・シミの原因になる活性酸素を除去する効果があります。アンチエイジングや美肌に効果的ですよ。

食事量は全く減らしていないのに3ヶ月で4キロ痩せたという体験者の声もあります。また、サラシアはダイエット効果だけでなく、腸内の善玉菌を増やす効果もあるのでお通じの改善にも役立ちますよ。便秘気味のひとにもオススメです。

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報