なたまめ茶でダイエット※口臭を消すだけじゃない!

なたまめはマメ科の植物で、成長すると鞘が50~60センチと大きくなり、まるで鉈のような形をとることからこの名称がつけられました。なたまめ茶は、そんな植物から作られるお茶です。

なたまめといえば、まず蓄膿症の予防・改善でおなじみです。さらに最近では口臭対策への効果にも注目が集まるようになっており、口臭の悩みを抱えている方がなたまめ茶で対策を行ったり、なたまめを配合した口臭対策用のサプリメントなども発売されるようになっています。

このように優れた効能が期待できるなたまめ茶ですが、じつはまだまだ期待できる効果があり、とくにダイエット効果が見逃せないポイントとなっています。

なたまめ茶のダイエット効果

そもそもなたまめが蓄膿症や口臭に役立つといわれる理由は、なたまめに含まれている「カバナイン」の効能によるものです。この成分には炎症を防ぎ、膿を排出する働きが備わっており、蓄膿症はもちろん、膿や炎症によって生じる口臭も防ぐことができるのです。

さらに、なたまめ特有の成分の「コンカナバリンA」の効能も知られるようになっており、こちらは免疫力を強化する働きがあることがわかっています。そのため炎症をはじめとした口臭や蓄膿症が起こりにくい健康状態へと導いてくれるのです。

さらにこれらの有効成分は、ダイエットにも間接的ながら効果を発揮します。まずカバナインには血行を促す作用があるため、余分な水分や老廃物の排出を促すデトックス効果によって、むくみや新陳代謝の低下といった問題の改善に役立ちます。

さらにコンカナバリンAには腎臓の機能を高める働きがあり、やはり余分な水分や老廃物を尿などの形で排出させる効果をもたらします。お酒を好きな方や塩分を摂り過ぎの方は、腎臓に負担をかけることでむくみやすい状態に陥っていることが多いので、これらの効果効能がとくに役立つでしょう。

そしてもうひとつ、なたまめ茶に含まれているサポニンが脂肪の吸収を遅らせることで太りにくい体質へと導く効果も期待できるといわれています。こうしてみてもなたまめ茶は、健康状態の改善も含めた広い意味でのダイエットに役立つお茶といえるでしょう。

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報