マテ茶のダイエットの効果と効能

マテ茶 カフェイン:あり

マテ茶とは、南米地方のパラグアイ、アルゼンチン、ブラジルを原産とする茶葉のこと。イェルバ・マテの葉がマテ茶の原料となっています。マテ茶の茶葉には、ビタミンやミネラルがたっぷり入っていて『飲むサラダ』と呼ばれているほど。緑茶やほうじ茶などの種類がありますが、マテ茶にも種類があり「グリーン・マテ茶」と「ロースト・マテ茶」の2つがあります。昔からあったお茶ですが、最近になってまたブームがきてるお茶なんですよ。

マテ茶の効能と有効成分

1 脂肪やコレステロールの吸収を抑える

有効成分:マテ茶抽出物
マテ茶の抽出物には、脂肪やコレステロールを抑える作用があります。ヨーロッパではマテ茶などの抽出物カプセルを飲んで、体重が減少したという話もありますよ。もともとマテ茶は南米原産のお茶です。南米の人って肥満の人はいないイメージありますよね。それって、マテ茶を日々飲んでいるからかもしれませんよ^^

2 美肌効果

有効成分:ビタミン、ミネラル
「飲むサラダ」と呼ばれ、ビタミンやミネラルが豊富。特にミネラルはお茶の中でもトップクラス!紅茶やウーロン茶の約2倍ものミネラルを含んでいます。ミネラルは食事ではあまり摂取できないので、マテ茶を飲んで上手に摂取するといいでしょう。肌の調子や美しい肌をたもってくれますよ。

3 アンチエイジング効果

有効成分:ポリフェノール
緑茶やワインよりもポリフェノールがおおく含まれています。ポリフェノールは老化の原因ともなる「活性酸素」を退治してくれる効果があるんですよ。いつまでも若々しくいたい人にぴったりです。

マテ茶はウーロン茶やプーアル茶と同じように、食事とともに飲むと効果がより高まります。食物繊維もたくさん含まれているので、便秘解消にも期待できそうですね。カフェインが多めなので、コーヒーの代わりに飲んでシャキっとできるのも◎。少し苦みがあるので、苦手な人は砂糖やミルクで割っても美味しく飲めますよ♪

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報