健康ドリンク熊笹茶でダイエットできる?【癖味で有名な笹】

熊笹茶とは、日本人にはおなじみのクマザサから作られたお茶のことです。笹はもともと優れた栄養価と効能があることが古くから知られていましたが、癖味があること、そして繊維質が高くてなかなか食用には使用できないといった問題から、食品・健康食品として使用される機会は限られていました。

おそらくクマザサの効果効能を使用する機会がもっとも多かったのは、切り傷や皮膚病といった薬としてでしょう。しかし、そんなクマザサも煎じてお茶にすれば、その栄養価を体内に取り入れて効能を経験することもできます。

クマザサ茶のダイエット効果

熊笹茶の魅力といえば、まず豊富な栄養が含まれている点です。鉄分やカルシウムといったミネラル、美容への効能で知られるビタミンC、さらにビタミンB1、B2といった疲労回復やエネルギーの生成に欠かせない成分なども含まれています。老化や疲労の蓄積、エネルギーの低下は太りやすい体に結びついてしまうだけに、ダイエットに適した健康状態・体作りに役立ってくれるのです。

それから優れた整腸作用で知られるクロロフィルも豊富です。笹といえばクロロフィルを連想する方も多いかもしれません。腸の健康状態を改善することで便秘を予防・改善し、体内に蓄積した便はもちろん、老廃物、便から発生した有害物質などの排出を促します。さらに健康面では免疫力の強化も忘れてはならないポイントでしょう。

さらに熊笹にはアラビノキシランという成分が含まれており、こちらも免疫力を調節する効果として注目されています。その働きによって老化の防止やアトピー・アレルギーの改善効果のほか、自律神経のバランスを整える効能も得られるといわれています。

現代社会では、ストレスなどによる自律神経の乱れが過食など健康を害する習慣を作ってしまっている面もあるだけに、重要なポイントとなるでしょう。他には血行の促進、抗菌効果などもあり、健康飲料としても日々の生活の中で役立てていくことができます。

熊笹茶は香りがサッパリしており、癖味があるイメージは感じられません。健康食品として発売されているものもありますし、自分で簡単に作ることもできますから試してみてはいかがでしょうか。

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報