ジュアールティーのダイエットの効果や効能

ジュアールティー カフェイン:あり

ジュアールティーとは、アフリカに生息する、学名カメリアシネンシスと呼ばれる野草のことです。ジュアールという言葉は、アフリカの現地語で「JUA(太陽)」「ARDHI(大地)」という意味。実は、ジュアールという植物は存在しないんですね。口コミで話題となり、注目されているダイエットティーのひとつです。

ジュアールティーの効能と有効成分

1 脂肪の蓄積を抑制する

有効成分:テアフラビン
ポリフェノールの一種で、ジュアールティーの特徴である赤褐色の色素成分でもあります。テアフラビンは脂肪の吸収を抑え、体内に余分な脂肪を蓄えるのを防いでくれます。また、血行促進にも効果が期待できるので、脂肪燃焼にも効果がありますよ。

2 若返り効果

有効成分:ポリフェノール、SOD酵素
ジュアールティーは、ポリフェノールが多く入っています。赤ワインの約700倍とも言われるほど。ポリフェノールは、老化の素である活性酸素を抑制する効果があります。さらに、SOD酵素と呼ばれる、高い抗酸化力がある成分も入っていますので、アンチエイジングにとっても効果が期待できるんですよ。

3 脂肪燃焼促進

有効成分:カテキン
ジュアールティーには緑茶の2倍カテキンが含まれています。カテキンを続けて摂取することにより、脂肪を燃焼する働きが高まることが研究により明らかになっていますよ。

ジュアールティーは、テレビの放送で13kg(!?)も痩せたと注目されています。アフリカの太陽と大地でのびのび育ったジュアールティーを飲んで、ダイエットしてみませんか?

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報