ガルシニア茶で脂肪を増やさない!驚きの効果とは?

ガルシニア茶とは、ガルシニアというオトギリソウ科に属する植物から作られるお茶のことです。この植物はインドから東南アジアにかけて自生しており、現地ではかなり古くから民間療法として用いられてきました。

じつはこのガルシニアを煎じて作るお茶が、ダイエットに非常に優れた効果効能を持っていることが注目を集めるようになっているのです。

お茶全般がダイエットに適しているといわれますが、そんなお茶の中でも、とくにこのガルシニア茶は直接的なアプローチで高い効果が期待できるのです。

ガルシニア茶のダイエット効果

その最大のポイントとなるのが「ヒドロキシクエン酸」という成分です。耳なじみのない名前ですが、じつは体内において脂肪の合成を抑制する働きがあります。

つまり、この成分の働きによって食べても脂肪がつきにくい、太りにくい体質になることができるのです。日ごろ糖分や脂分を多く摂ってしまいがちな方には、救世主といってもよい働きとなるでしょう。

さらにこのヒドロキシクエン酸には、脂肪を分解する働きもあります。脂肪を増やすのを防ぐだけにとどまらず、すでに蓄積されてしまっている脂肪を減らしていくのにも役立つわけです。

ダイエットでよく陥りやすい罠といえば、無理な食事制限でかえって基礎代謝を低下させてしまい、脂肪が燃焼されにくい環境に陥ってしまうことです。ガルシニア茶なら無理な食事制限をすることなく、効率よく脂肪を減らしていくことができるわけです。運動と組み合わせると相乗効果も期待できるでしょう。

実際、運動前にガルシニア茶を飲んでおくと脂肪燃焼効果が高まるといわれています。

この2つの効果だけでも驚きのダイエット効果といってよいですが、もうひとつ、ガルシニアには満腹感を得やすいという効果もあるといわれています。食事の際に一緒にガルシニア茶を飲めば、これまでよりも少ない食事量で満腹感を得ることもできるでしょう。

また、すぐに小腹がすいて間食してしまうといったことを防ぐのにも役立ちそうです。これまでガルシニア茶になじみがなかった方も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報