ダイエットお茶で便秘解消※スグ1kg痩せたい人のお茶の選び方

ダイエットをしたいけど、即効で体重を落としたい・・。
じゃあ手っ取り早く、ダイエット茶を飲んで体内の不必要なものを出してしまえば、って思いますよね。

たしかに、便秘を解消すれば体重は減ります。
下剤成分(センナ・キャンドルブッシュ)入りのダイエット茶(便秘茶)を飲み続けていると自力で排便ができなくなっちゃう危険性があるんですよ。

ここでは、体に安全なダイエット茶の飲み方や選び方をご紹介しますね。

下剤成分入りダイエット茶の効果と即効性

ダイエット茶は、大きく分けると2種類あります。

  1. ①脂肪の燃焼を助けたり、ダイエットのサポートになるお茶
  2. ②便秘解消に効果があるお茶(下剤成分入り)

便秘を解消するお茶は下剤成分入りの方。
しつこい便秘でも、飲んで1時間ほどでお手洗い直行のパワーがあります(お茶を抽出する濃さで調整できます)。

腸でカチカチになって溜まっていたものがドサッと出てくるので、目に見えて体重ダウンしますよ。

「飲んだらすぐに1キロ落ちた!」
「ぽっこりお腹が1日でへこんだ」

ダイエット茶で即効性を実感できたレビューは、下剤成分(センナ類)が入っているからなんですね。

センナ類は古来から飲まれてる便秘解消の薬草

100%天然の薬草「センナ」。
服用の歴史はとても長く、紀元前1500年には便秘解消のために飲まれていたことが分かっています。

※紀元前1500年に書かれたエバース・パピルス(エルベース・パピルス)という最古の医学書(ドイツのライプチヒ造形美術館に所蔵)に、便秘薬として記載されています。ちなみに、エジプトで書かれた本です。

参考(英語サイト):エバース・パピルス(ウィキペディア)

センナ類で便秘解消できる理由

センナ類は、センナやキャンドルブッシュ(別名:ハネセンナ、ゴールデンキャンドル)がお茶に配合されています。

2つともマメ科の植物で、「センノシド」という下剤成分を含んでいます。
センノシドは、便秘薬にも配合されているんですよ。だから、便秘に効くんですね。

原材料表記に書いてあったら、便秘茶です。

センナ類は飲み過ぎ危険!

お通じが快調になるからといって、センナ類を毎日飲んではいけません。

なぜなら、センノシドを常用すると、腸がセンノシドの成分なしでは排便ができなくなってしまいます。
便秘薬も飲み過ぎると効かなくなりますよね。

製薬会社でも、飲む間隔を伸ばすようにアドバイス(注意喚起)しています。

便秘薬は規則正しい排便のリズムを取り戻すために使うものです。排便のリズムが整いしだい、できるだけ連続での使用は控えましょう。規則正しい生活習慣や、バランスのとれた食事、適度な運動を心がけ、便秘薬の使用間隔を少しずつのばすようにしましょう。

参照:大正製薬(よくある問い合わせ)

腸も人間と同じく、ずっと助けを借りていると甘えちゃって、自分で動けなくなっちゃうんですね・・。
便秘解消のはずが、自力で排便できなくなるほど悪化させてしまうんです。

賢いダイエット茶(便秘茶)の飲み方

ダイエット茶(便秘茶)は、本当に必要なときだけ飲むことが重要です。
便意が3日間こなくて、「苦しいな」とか「不快感でイヤだな」と感じたときです。

3日間には理由があって、日本泌尿器科学会では便秘を「3日以上の排便間隔」と定義づけているからです。

参考(外部サイト):日本泌尿器科学会

センナ類を配合したお茶を飲み続けたら「飲まないと便意がない」という声をちらほら聞きます。
これは自力排便ができなくなった危険な状態。

そうならないためにも、毎日飲むのは控えてくださいね。

便秘解消で脂肪が燃える

便秘解消は、脂肪を燃やすダイエットにも重要なんです。

便秘を解消する

体内の有毒物質を排出

新陳代謝のアップにつながる

脂肪燃焼しやすい体になる

このメカニズムは、医学的にも解明されています。

便秘茶はたくさんありますが、飲むならモリモリスリムがベストでしょうね。

センナ類で便秘を解消できるし、プーアール茶を配合しているから脂肪燃焼効果も期待できるので、人気です。

私が調べた中で、センナ類の便秘解消とプーアール茶の脂肪燃焼のW効果があるお茶は、モリモリスリムだけでした。

モリモリスリムの公式サイト

ただし、毎日飲むことは避けたいので、脂肪燃焼するダイエット茶を3日間飲み、下剤成分配合のダイエット茶(便秘茶)を1日飲むサイクルから初めてみると、下剤依存にならずにスッキリできますよ。

Copyright 2014-2016 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報