没食子酸と重合カテキンのダイエット茶は痩せる

ダイエットに効くお茶を調べてみると、没食子酸や重合カテキンなど、「それなに?」と思う成分が出てきます。

脂肪に働くとはいえ、正直、ピンッと来ない没食子酸(ぼっしょくしさん)と重合カテキン(じゅうごうカテキン)。

そこで、お茶が持つ奇跡のダイエットパワー没食子酸と、重合カテキンについて調べたので、分かりやすくまとめました。

没食子酸ってなんだ?

没食子酸とは、よくプーアル茶やウーロン茶など、茶葉を発酵して作られるお茶に含まれる天然成分です。
茶葉に含まれるカテキンが発酵するときに、没食子酸へと変化します。

没食子酸は、腸内で脂肪を吸収する成分をブロックする機能をもっています。
つまり、体に脂肪がつきにくくなるんですね。

食事と一緒に摂ることで脂の吸収を抑えられるから、ダイエットに効くんです。

重合カテキンの効果

カテキンはお茶に含まれるポリフェノールの一種で、脂肪を燃やす成分ということは有名ですね。

重合カテキンは、発酵過程でカテキンが変化したもので、ただのカテキンよりさらにパワーアップしています。

重合(同じ化合物が2個以上の分子でくっつくこと)によって単体のカテキンより分子が大きくなり、脂肪の吸収を抑える効果がアップ

体内で吸収されなかった脂肪はそのまま排出されるので、脂肪の排出効果アップにも役立っているんです。

ただし、重合カテキンは、抗酸化力(つまりアンチエイジングパワー)が落ちます。

ウーロン茶やプーアル茶の成分表に「重合ポリフェノール」とありますが、カテキンはポリフェノールの一種なので重合カテキンと考えてOKです。

お茶の飲むなら没食子酸と重合カテキンを含むものが痩せやすい!

単体でも効果が大きい没食子酸と重合カテキンを一緒に摂ると、ダイエットがスムーズに進むのが想像できますよね。

実際、日本で行われた試験で、プーアル茶抽出物を長期継続して飲ませたところ、体重や内臓脂肪が減ったという報告も出ています。

まだまだ研究段階ではありますが、ダイエット効果に期待できますよね。

没食子酸と重合カテキンは、楽して痩せたいダイエッターには要チェックの成分です!

没食子酸と重合カテキンをたっぷり含むダイエット茶

Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報