痩せたい人へ朗報☆痩せるダイエット茶(ダイエットティー)はこれだ!

ダイエット茶を飲むなら、プーアール茶葉を配合したお茶を飲んでください。 なぜなら、プーアール茶には脂肪を燃やす&溜めない働きがあるからです。

プーアール茶葉には脂肪が燃える成分がたっぷり♪

プーアール茶には、脂肪の燃焼や吸収抑制に働く成分「没食子酸(ぼつしょくしさん)」「重合カテキン」「リパーゼ」)がたくさん含まれています。

  • 没食子酸・・脂肪の吸収を抑える
  • カテキン・・脂肪を燃やす
  • リパーゼ・・脂肪を分解

没食子酸の活性を調べ、脂肪蓄積を有意に抑制することが確認された。

椙山(すぎやま)女学園大学研究結果より抜粋

没食子酸は、緑茶や紅茶などの発酵茶に含まれている成分です。

そして、脂肪を燃やすカテキンは、重合カテキンとなることで働きが一段と強くなります。
特保(トクホ)の認定を受けているヘルシア緑茶も、カテキンをたっぷり含んでいます。

しかし、お茶の中でリパーゼ(脂肪を分解する)を含んでいるのはプーアル茶だけです。

つまり、お茶は世界中に数多くありますが、ダイエット成分がいちばん豊富なのはプーアール茶。
なので、ダイエット茶はプーアール茶葉を配合したものが、いちばんスリム効果が期待できるんです。


お茶の三大脂肪メラメラ成分。カテキン・リパーゼ・没食子酸(ぼつしょくしさん)

それなら、「プーアール茶を飲めばいいんじゃない?」と思いますが、発酵飲料であるプーアール茶は、味がかび臭いのが難点。
ドロっぽいと感じる人もいて、保管場所の匂いを茶葉が吸ってしまうこともあり、一般的に「クセのある」味わいです。

なので、おいしく飲み続けられるよう味を改良したプーアール茶葉配合ダイエット茶が、痩せるために最適なお茶といえます。

なので、私はプーアール茶葉を配合したダイエット茶だけ飲み比べました。
なかでも、実際に効果があったお茶だけを紹介します。


  • 実績・人気ダントツ
  • プーアル茶葉100%
  • 30日間返金保証あり

プーアル茶100%のお茶なので、脂肪を出す・燃やすのに最適。しっかり発酵したカテキンのおかげで、プーアール茶と思えないほど味はマイルドで飲みやすいです。

酵素も含んでいるので、おなかの詰まりもスッキリできるんですよ。

12回分で税込970円(送料無料)、ノンカロリー(0kcal)でカフェインは緑茶と同じ(100ml中20mg)です。


10kg(1年、30代女性)
43kg(2年半、30代女性)
12kg(8か月、30代女性)

プーアル茶葉100%でスリムボディ
ダイエットプーアール茶で痩せる


  • ネーミング的に男性のメタボ対策用
  • カフェインレス。妊婦さんや授乳中のママさんにもOK
  • 飲みなれた味で続けやすい

プーアール茶をベースにして、ダイエットに定評のある黒豆・杜仲茶・ウーロン茶を配合したブレンド茶です。安全のために、ティーバッグにはトウモロコシで作られたフィルターを利用してるのはポイント高いですよね。

12回分で税抜き900円(送料無料)、カロリーゼロ、カフェインは100mlあたり7.5mg(緑茶の1/3、ドリップコーヒーの1/10)なので、妊婦さんや授乳中でカフェインが気になる方にも飲まれています。


26kg(1年半、30代男性)
10kg(2か月、30代女性)
19kg(12か月、30代女性)

カフェインレスなダイエット茶
メタボメ茶で痩せる


  • 天然成分で甘いのにノンカロリー
  • 美容のルイボス配合
  • モデルの宮城舞さんプロデュース

美甘麗茶は「びかんれいちゃと」読みます。
「ダイエット中だけど甘いものが欲しい!」ときに飲むのがベストなお茶。

砂糖の200倍以上も甘いのにカロリーゼロな甘茶を使っているので、おやつの置き換え食にして摂取カロリーを減らせるよ。

30回分で税抜き2,980円(送料無料)、0kcalでノンカフェイン。
ただし、お通じ対策になるキャンドルブッシュ入りなので、飲み過ぎは禁物です。

美甘麗茶の詳細はこちら


品切れ中

  • 天然成分100%
  • 甘くて食事に合わない
  • 本製品の値段が高くて長続きしない

100%天然植物成分で作られたブレンド茶(プーアル茶・ウーロン茶・エビス草の実・霊芝・ハスの葉・バラ・ステビア)です。飲んだ人の94%がダイエット効果を実感。風味良好でモンドセレクション受賞してますが、甘いので間食の置き換え用がベスト。

10回分で税込1,058円(送料無料)、0kcalでカフェインも少ないです。

痩せる!ダイエット茶選びの豆知識

ダイエット茶で体重を減らす方法は、「脂肪を燃やす」と「便秘を解消するもの」の2通りです。

脂肪を燃やすお茶と便秘を解消するお茶

どちらも痩せるお茶ですが、成分と用途がまったく違います。
スタイルがぽっちゃりなのか、お腹がぽっこりなのかで選びます。

どちらを飲めばいいの?あなたに合うお茶の選び方

脂肪を燃やして全身スッキリ。
老廃物が流れやすくなってむくみもとれます。

お通じが良くなり、ぽっこりの原因である溜まっていたものが出るので、ウエスト回りが一時的にほっそりします。

出した分だけ体重は減るけど脂肪は減らないので、溜まると体重は元通り。便秘解消タイプのお茶は依存性があるので、飲み方にはくれぐれもご注意を。
詳しくはこちら(ダイエットお茶で便秘解消※スグ1kg痩せたい人のお茶の選び方)をご覧ください。

きっちり痩せてキレイなシルエットを作るなら、体脂肪(皮下脂肪)を減らす脂肪燃焼系のお茶がいいですよ。


脂肪燃焼効果の高いダイエット茶

ダイエット茶、痩せる理由を分かりやすく解説します!

ダイエットでお茶を飲んで痩せる理由は、ノンカロリーなのに脂肪を燃やす成分が入っているから。
燃やす成分とは、カテキン・リパーゼ・没食子酸(ぼつしょくしさん)の3つです。

センナとキャンドルブッシュに注意!


センナの花

センナやキャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)を配合したお茶を「ダイエットにいいよ」と紹介しているサイトがありますが、この2つの成分はちょっと危険です。

実は、2つとも下剤作用でお通じを促すものであり、脂肪燃焼には働きません。
しかも、センナとキャンドルブッシュに体が慣れてしまうと、腸の排便機能がどんどん弱くなって最後には自力で用を足せなくなる恐ろしいもの。

腸に溜まっているものが出たら体重が軽くなるからといって、ダイエット茶として毎日飲むのは危険です。

センナ(キャンドルブッシュ)を含むダイエット茶は、週に数日だけ、おなかが苦しいときに飲んでください。

※参考:便秘解消向けのダイエット茶について

効果的なダイエット茶の飲み方

ダイエット茶で痩せるなら、毎日飲み続けることが大切です。
そのうえで、正しい飲み方をすれば、ダイエット効果もさらに高まりますよ。

ダイエット効果をしっかり体感するためには、抽出方法、飲む量、飲む時間帯の3つが重要です。

抽出方法(時間・水)は?

抽出時間は、30秒~1分です。

水は、お茶の成分が染み出やすい軟水が適しています。
お湯の温度はお茶によって違い、プーアール茶は沸騰しているお湯を使います。水道水を使うなら、一度沸騰させてカルキを抜いてから使いましょう。

飲む量はどのくらい?

ダイエットティーの製造メーカーでは、1日に600~800ミリリットルを推奨しています。

ティーバック式のお茶は、1パックで600~800mlほどを抽出できるようになっています。

いつ飲んだらいいの?(時間帯)

飲むゴールデンタイムは2つあります。
1つ目は運動前、2つ目は食事の時です。

運動の前に飲むとより脂肪が燃えやすくなりますし、食事中なら脂肪吸収のブロック効果が働き脂肪がつきにくくなります。

1日800ミリリットルを4回(1回あたり200ミリリットル)に分けて飲むのがいいですよ。
3食+脂肪が燃えるお風呂か運動前です。

このタイミングを逃したとしても、いつ飲んでもOKです。
ただし、カフェインが入っているお茶もありますので、就寝前に飲む人は注意してくださいね。

更新情報

ダイエット茶実飲レビュー3件更新しました。ダイエットプーアール茶メタボメ茶飲まなく茶
失敗しないダイエット茶の選び方没食子酸のダイエットパワーを更新しました。
Copyright 2014-2017 ダイエットお茶百科 All Rights Reserved.│運営情報